施主様の”想い”を”カタチ”に。名古屋の建設会社「さとう建設・トウエイ技建」のブログです。

若干フレッシュ感の欠ける、話題ですが。。。

 

今年、2011年2月11日にmanaca(マナカ)のサービスが開始されました。

 

名古屋鉄道名鉄バス名古屋市交通局名古屋臨海高速鉄道あおなみ線)・

名古屋ガイドウェイバス豊橋鉄道が連動してサービスが開始された

非接触型ICカードのことです。

 

毎朝、地下鉄通勤をしている私はこのICカードの導入をずっと待っていました。

ICカードの特長はカードケースに入れた状態で改札機のパネルにタッチするだけで

通過出来るだけでなく、乗車券以外にもポイント付帯や

コンビニなどの支払いに電子マネーの利用が出来るなどの多様な利便性です。

 

他県では早くから始まっていたICカードの利用ですが、

JR東日本のSuicaやJR東海のTOIKAは知っていましたが、

国内には他にどんなICカードがあるのか気になったので調べてみると、

その種類の豊富さに驚きました。

ネーミングも気になりますが、個性的なデザインも魅力的です。

皆さんはいくつ知っていましたか?

気になったものを抜粋して掲載します。

 

まずは、『manaca』です。

カードの真ん中にあるコロンとした黄色のスマイルがかわいい。

マナカの文字のフォントもイメージに合っています。

「日本の真ん中をつなぎ、くらしの真ん中をつなぐICカード」をコンセプトとしているそうです。

京都在住のプロダクトデザイナーの知人はデザインが可愛いと言って、名古屋に来た時にわざわざ購入していました。

私も気に入っています。

 

続いて、有名な『Suica』(スイカ)。

イラストレーターの坂崎千春さんがデザインしたペンギンのキャラクターが人気で、

色々なグッズも出て販売されています。

このペンギンは北極から東京にやってきたという設定だそうです。

 

 

JR東海の『TOIKA』(トイカ)です。

東海地方の海岸線をイメージした曲線が印象的なシンプルなデザインです。

鮮やかなブルーが好きです。

 

 

高松琴平電気鉄道ことでんバス徳島西部交通の『IruCa』(イルカ)です。

私が以前、四国に行った時はまだ無かったはず。。

高松琴平電気鉄道のマスコットキャラクターの「イルカのことちゃん」がデザインに使われています。

瀬戸内海にはスナメリというイルカが生息しているので、そこから来ているのでしょうか?

 

 

岡山電気軌道両備バス下津井電鉄中鉄バスの『Hareca』(ハレカ)

岡山県は「晴れの国」として知られています。

その「晴れの国」岡山を自由に行き来出来るということでネーミングとデザインがされました。

 

 

九州旅客鉄道(JR九州)の『SUGOCA』(スゴカ)は福岡の方言の「凄か」と

「スッと、ゴー!!」を合わせてネーミングしているそうです。

愛嬌たっぷりのカエルくんと時計くんのキャラクターは有名なイラストレーターの

ロドニー・アラン・グリーンブラットが手掛けています。

PUFFYのCDジャケットのデザインが日本では一番有名だと思います。

交通機関のカードというよりは、可愛い雑貨やさんなどのショップカードみたいなデザインです。

 

 まだまだまだまだ、気になるカードは沢山あるのですが、

今日はここまで。

 

こうして、それぞれ並べて比べて見てみると

各地方の特長に応じてネーミングやデザインがされている事が良く分かります。

利用者は老若男女と多岐に渡るので

デザインをする事は難しいと思いますが、

そこに住んでいる人たちがその土地に愛着を持って使う事が出来るように

という制作者の配慮も感じます。

 

これからどんどんICカードは普及していくでしょう。

次に出るカードを楽しみに注目していこうと思います。

 

 

 

 

 

>施主様の”想い”を”カタチ”に。

施主様の”想い”を”カタチ”に。

「さとうグループ」は、愛知県名古屋市の建築会社「さとう建設株式会社」「トウエイ技建株式会社」を中心とした総合建設業/ハウスビルダーです。 創業は昭和29年。以来、65年の歴史で「高品質」「納期遵守」「安全第一」をモットーに、個人住宅、マンション、オフィスビル、レジャービル、医院・病院、保育・幼稚園、老人福祉施設、店舗、工場、倉庫、ホテル、寺社など7000件以上の様々な建築物を設計・施工してまいりました。 また、さとうグループの自社注文住宅ブランド『Sコレクションの家』も展開。 デザイン性・快適性・省エネを考慮した住宅づくりで好評をいただいております。 私たちは、愛知・名古屋を中心に地域に根付いた地域密着企業として、さとうグループの強みであるハード力(施工力)とソフト力(設計力)を活かし、CO2や廃棄物削減などの環境への配慮、インテリア、エクステリア、省エネ、ランニングコスト低減、耐震、高齢化など、常にお客様のニーズに応え、コストパフォーマンスの高い建築を提供してまいります。

CTR IMG