施主様の”想い”を”カタチ”に。名古屋の建設会社「さとう建設・トウエイ技建」のブログです。
明けましておめでとうございます。本年もさとうグループをよろしくお願いいたします。

飛び込みサービスマンには要注意?

先日、お客様から一本の問い合わせがありました。
薬局を営んでいるお客様からです。

その薬局の店の自動ドアが「開きっぱなし」になるという故障が発生しました。
そこで「故障」の張り紙をしておいたところ、偶然通りがかったある会社のサービスマンが無償で復旧してくれたようです。
そのサービスマン曰く、各部位が摩滅して抵抗が大きくなっているので、部品の取り換えが必要であるとのこと。
その会社で対応できるとのことなので、見積りを取り寄せたところ、部品と取替費用で数十万かかるということでした。
お客さまからの問い合わせは、この金額が妥当なのか否かでした。

自動ドア専門の会社の方へ連絡を取って、事情を話したところ、そのサービスマンの会社名を聞いて難色を示されました。
その会社はあまり良い評判を耳にしないとのことだったのです。
実際にお客様の店へお伺いすることにしました。

お客様のお店の自動ドアを調べさせていただくと、センサーが非常に高感度に設定してありました。非常に高感度なため、入口から離れた場所で人が通りがかっても、自動ドアが開いてしまう状態です。適切な感度に設定し直しました。
部品を調べてみると、確かに取り替えた方が良い部品はありました。
しかし、同行していただいた自動ドア専門の会社での見積りでは、なんと半額以下の金額で交換できる、ということでした。

自動ドアの故障は、その飛び込みサービスマンが仕組んだ事なのかどうかはわかりません。
しかし、もしそのサービスマンが仕組んだとしたら、一般的に似たような手口は「リフォーム詐欺」として知られています。建築知識が無い事をいいことに、住宅損壊につながる不備があると言葉たくみに不安を煽って、不要なリフォーム工事(のようなもの)を売りつける行為です。(実際に工事を行えば詐欺では無く、「悪徳商法」になりますが・・・。)
住宅リフォームも行う弊社にとって、このような形で搾取する手口には、強い憤りを感じます。

今回は、見積りの金額の妥当性をお客様が疑ったおかげで、不要なお金を払わずにすみました。

皆様、こういった修繕やリフォームのご契約前には、他社からの相見積りを取ったり、ウェブサイトで悪評が立っていないか調べたりして、どうぞお気を付け下さい。

—————————————————————————

記事を読んでいただき、ありがとうございます。

家づくりのことは家づくりレポートに書いていますのでご覧ください!
Sコレクションは、愛知県名古屋市のさとう建設株式会社を母体とした住宅ブランドです。

 

>施主様の”想い”を”カタチ”に。

施主様の”想い”を”カタチ”に。

「さとうグループ」は、愛知県名古屋市の建築会社「さとう建設株式会社」「トウエイ技建株式会社」を中心とした総合建設業/ハウスビルダーです。 創業は昭和29年。以来、65年の歴史で「高品質」「納期遵守」「安全第一」をモットーに、個人住宅、マンション、オフィスビル、レジャービル、医院・病院、保育・幼稚園、老人福祉施設、店舗、工場、倉庫、ホテル、寺社など7000件以上の様々な建築物を設計・施工してまいりました。 また、さとうグループの自社注文住宅ブランド『Sコレクションの家』も展開。 デザイン性・快適性・省エネを考慮した住宅づくりで好評をいただいております。 私たちは、愛知・名古屋を中心に地域に根付いた地域密着企業として、さとうグループの強みであるハード力(施工力)とソフト力(設計力)を活かし、CO2や廃棄物削減などの環境への配慮、インテリア、エクステリア、省エネ、ランニングコスト低減、耐震、高齢化など、常にお客様のニーズに応え、コストパフォーマンスの高い建築を提供してまいります。

CTR IMG