”施主の想い”を”カタチ”に。名古屋の建設会社「さとう建設・トウエイ技建」のブログです。
さとうグループの年末年始休業期間:2018年12月29日(土) ~ 2019年1月6日(日) です。通常業務は、2018年12月27日(木)迄(一部現場除く)となります。

現在、弊社のグループ企業である「トウエイ技建」にて、ある市営住宅の大規模修繕工事を行っています。
先日安全パトロールとして、現場の様子の確認をしてまいりました。


大規模修繕工事は、数多くの住民の方の住まいを修繕することであり、その全員の方から承諾を得ることができないので、なかなか施工の様子はサイトやブログにアップできないのですが、住民の方のプライバシーを侵害しないよう配慮しながら少しだけその様子をご紹介します。

そもそも「大規模修繕工事」とは何でしょうか。
大きな建造物の基本性能を維持するために、長期修繕計画のもと、定期的に実施される修繕工事です。
分譲マンションなどでは、理事会と(修繕対応の下部専門組織である)修繕委員会から成る管理組合が中心となって、管理会社のサポートを受けながら、修繕計画を進めていきます。条件を満たす業者を募り、入札などによって修繕業者を選定していきます。(一般競争入札)
今回のような市営住宅は、市から依頼された住宅供給公社が中心となって進めていきます。事前に登録された業者から数社を指名し、入札に参加してもらい、選定します。(指名競争入札)

基本性能を維持する修繕工事とは、住民アンケートや施工図面・修繕履歴確認と目視・触診・打診などによる実地検査により把握した建物の劣化部分を、補修・防水・塗装・シーリング(壁の継ぎ目や窓枠廻りの隙間をゴム状の素材で埋める)・設備交換などで改善していく工事です。


補修箇所が分かるようにマーキングされています。

施工状況・安全状況を見て回りました。

ちなみに、修繕工事による性能の回復に加え、最新の設備や機能を追加するなどして、さらに資産価値をグレードアップさせる工事は、『大規模「改修」工事』になります。

新築からリフォーム・改修工事まで、「さとう建設」・「トウエイ技建」・「Sコレクション」の『さとうグループ』は、施主様の”想い”をカタチにするべく、丁寧に施工を行ってまいります。

 

>施主様の”想い”を”カタチ”に。

施主様の”想い”を”カタチ”に。

「さとうグループ」は、愛知県名古屋市の建築会社「さとう建設株式会社」「トウエイ技建株式会社」を中心とした総合建設業/ハウスビルダーです。 創業は昭和29年。以来、65年の歴史で「高品質」「納期遵守」「安全第一」をモットーに、個人住宅、マンション、オフィスビル、レジャービル、医院・病院、保育・幼稚園、老人福祉施設、店舗、工場、倉庫、ホテル、寺社など7000件以上の様々な建築物を設計・施工してまいりました。 また、さとうグループの自社注文住宅ブランド『Sコレクションの家』も展開。 デザイン性・快適性・省エネを考慮した住宅づくりで好評をいただいております。 私たちは、愛知・名古屋を中心に地域に根付いた地域密着企業として、さとうグループの強みであるハード力(施工力)とソフト力(設計力)を活かし、CO2や廃棄物削減などの環境への配慮、インテリア、エクステリア、省エネ、ランニングコスト低減、耐震、高齢化など、常にお客様のニーズに応え、コストパフォーマンスの高い建築を提供してまいります。

CTR IMG