1. プライバシーを保ちつつ開放感を感じるアートフルなフォルムの家【協力設計士 実例】ガラスの膜を金属板で包み込むアウタースキンは、ランダムに摺りガラスと透明ガラスが配置され、プライバシーを守りながらも解放感と内外の間の動きを感じさせている。
  2. あいまいな箱のような各居室に挟まれた空間に光を取り込んだ家【協力設計士 実例】ファサードのルーバーは視線を遮るとともに光がスリット状に侵入し、時間の流れの感じられる住宅。
  3. 風景と風と光が感じられるロジカルに組み上げられた住空間の家【協力設計士 実例】川や山に囲まれた自然豊かな高台の魅力を最大限に感じられるよう、イレギュラーな天井形状やトップライトなどで、景色や風・光を感じられるようにしている。
  4. 木の香りと心地よい風の柔らかな雰囲気を持つ無駄の無い家事動線の家室内にいても木目が見えたり、木の香りがしたりと自然の優しさが感じられる住まい。床はヒノキ材の無垢フローリングで、リビングの天井には化粧梁を。完成してから何年経っても木の香りがして、大きな窓からは風が心地よく入る。LDKや水廻り、玄関など1階をぐるっと周れる突き当りのない動線が、生活のしやすさとデザイン性の統一感を助けている。
  5. 全室南向きで陽光たっぷり。 各階に水まわりがある仲良し二世帯家族の家「生活スペースは分けても帰る家は一つ」という想いを込めて、玄関は二世帯共用。1階には二世帯が集まり毎日一緒に食事をするLDKと、親世帯の寝室や趣味部屋。2階は子世帯のプライベートな空間。朝の洗面室の混雑を考慮して、各階にトイレと洗面室を配置。また、子世帯が1階に下りることなく軽食を用意できるようミニキッチンも設置した。
  6. 狭小地で建てた光や風、視線が抜ける面積以上に開放感のある重量鉄骨造の3階建て二世帯住宅1階はビルトインガレージと、親世帯のくつろぎ空間。2階は二世帯で一緒に食事をするLDKや浴室まわりといった生活空間。3階には個室など子世帯のプライべートな部屋。 制約が少ない重量鉄骨造が得意とする窓の自由な配置により、外観デザインを考慮しながら窓を多く計画。視線が外へと抜けて、どこに立っても明るいので面積以上の開放感を演出。 デッドスペースがあれば収納を造るなど、クローゼットや棚を細かく分けて計画。整理整頓しやすく、風も光も隅々まで行き渡る狭小地とは思えない二世帯住宅が完成。
  7. 10坪の狭小地に建つ狭さを感じさせない三角の家【協力設計士 実例】正三角形・10坪の狭小地を二つに切り分け、スキップさせ個室以外は、全てを繋げることで狭さを克服しながら広く感じさせる住宅
  8. さとう建設施工の注文住宅 読書に没頭。広々書斎がある家 外観画像 広々書斎にこだわりカラーや造作家具でライフスタイルをカタチにした家個性的な木目調カーボンブラックの外観に、印象的なナチュラルデザインのアプローチ。 1階は家族の憩いのスペースになり、天井も高く開放感たっぷり。 こだわりの書斎は昼間に明るすぎず太陽光が一定して入り、書籍がたっぷり収納できる本棚も造り付けた。 人造大理石のキッチンカウンターや、サイズオーダーした洗面台など、ライフスタイルを実現するための工夫が随所にある家。
  9. 眺望を取り込む開放的なリビングからスキップフロアで空間がつながる家【協力設計士 実例】大きく明るく開放的なリビングを中心にスキップフロアで子供部屋、玄関ホールなどがつながる家。眺望を存分に楽しめる。
  10. さとう建設施工の住宅 ホームエレベーターがある3階建て 外観画像 ビルトインガレージ&ホームエレベーターがある3階建て前面に少し傾斜した特徴あるデザインが印象的な外観。将来を考えてホームエレベーターを設置。上下の移動が多い3階建てでも自由に家の中を行き来できる。週末には家族や親族が集まるため、ビルトインガレージのほかに屋外駐車場を設けた。
  11. デザイン的にも空間的にも遊びのある飽きない住宅【協力設計士 実例】ガラスの波板を使用したコートで、周囲からの視線を防ぎながらも開放的な住宅を実現。無彩色でシンプルな外観から想像できない、表情豊かな空間を持つ家。
  12. 施主の個性をイメージしてデザインした外観。 ホームエレベータのある「長期優良住宅」スタイリッシュなルーバーと織物のような繊細の色合いのサイディングが心地よアクセントの外観。ホームエレベータで将来も見据えた生活しやすい木造3階建ての長期優良住宅。
  13. シンプルだけど品のある外観 こだわりのタイルを用いたシンプルながら豪華な空間の3階建て住宅シンプルでいて、かつ品のある外観。白を基調とした石張りの床と凹凸やデザインあるタイルの両立で高級感のある空間をイメージ。 LDK は広々と、開放的になる様に間仕切りを無くし、リビングの空間に広がりを持たせるためR 天井を、冬でも石の冷たさを感じさせない床暖房を採用。
  14. 間取りの工夫とバリアフリーで将来まで家族が快適に過ごせる家家族が快適に過ごせるよう、バリアフリー設計を重視。 アプローチのスロープ、玄関には手摺りはもちろんのこと、座ってくつがはけるよう造り付けの家具にて腰かけを設置。廊下の幅も広く設計。 和室もウッドデッキを挟んでいるため、奥にあるリビングにも大きく光を取り込めることができるとともに、お互いの様子が感じられる距離感を演出した。
  15. こだわりキッチンの家外観 こだわりキッチンで料理を楽しむ柔らかな灯りに溢れた鉄骨3階建て住宅灯りの有効活用で、室内は明るく清潔なイメージ。南面の大きなサッシは隣地からの視線を意識して配置。広いシンクのキッチンや大きなパントリー(食糧庫)、LDKのアクセントとなるボーダータイルのキッチンカウンターで料理を楽しむことができる。
  16. タイルが奏でる洋風の家外壁にレンガ調のタイルを、屋根にスパニッシュ瓦を用いた可愛らしい洋風住宅。 玄関ドアや外灯なども洋風の外観にマッチするよう選択しました。 室内は広々としたリビングの腰壁が、洋風の雰囲気を演出しています。
  17. こもれ出る光の印象と、絶妙な陰との調和で、コントラストを際立てる【協力設計士 実例】ガラス+スチール+ウッドの3種類を基本マテリアルとして3つの異なる気積をコンクリートで圧縮するイメージの家。
  18. 陽光をたっぷり取り入れた斬新なフォルムを木造構造で仕上げる【協力設計士 実例】前面の神社の森の緑をハイサイドから視覚的に取り込み、自然の中で暮らしているような気配を感じさせる家。
  19. 建物の内部に中庭を設け自然光を取り入れる豊かな暮らし【協力設計士 実例】外部に対して閉塞させながら、部分的に内部を見せる事で街と繋がりを意識させるデザイン。その繋がり部分がそれぞれふたつの中庭に面しており、曖昧な繋がりが心地よい住空間。
  20. アットホームに営む小さなカフェスペースがある家【協力設計士 実例】将来、奥様がカフェを経営したいという希望を叶える、カフェ付の住宅。四角い箱状態の住宅部分とふたつの円柱のカフェ部分、それぞれの空間から今にもリズムが聴こえてきそうな住宅。
PAGE TOP