【家づくりの基礎知識】注文住宅のメリット・デメリット

さとう建設が手掛けているSコレクションの家は『注文住宅』です。
『注文住宅』ではない住宅として、『建売住宅』や『分譲住宅』があります。
『注文住宅』と『建売住宅』『分譲住宅』はどう違うのでしょうか?

『注文住宅』と『建売住宅』『分譲住宅』

『注文住宅』はその名の通り、注文してから建てる住宅です。
土地を持っていない方はまず土地を取得し、建築業者と打ち合わせを重ねて、最初から自分好みの家に造り上げていくことができます。

『建売住宅』も『分譲住宅』も、土地とセットで販売されている住宅です。
すでに完成していたり、建築中であることが一般的ですが、建築前でも『建売住宅』『分譲住宅』として販売されていることもあります。
『建売住宅』と『分譲住宅』の違いは、その土地が分譲住宅地で、複数棟が同じような仕様で建てられて、分けて販売されているか否かになります。『分譲住宅』は分譲地に建てられた『建売住宅』とも言え、このコラムでは『分譲住宅』=『建売住宅』と認識して読み進めていただければと思います。

家を建てる『注文住宅』と家を買う『建売住宅』

見てきたように、注文住宅は「自分好みに家を建てる」というイメージで、建売住宅は「自分の気に入った家を購入する」というイメージになります。
それぞれにメリット・デメリットがあり、どちらがいい、ということは一概に言えません。
どんなメリット・デメリットがあるのかをしっかり理解して、自分の状況や予算や想いに合わせて選ぶことが大切です。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリットは、下記が挙げられます。

1.自分のこだわりへの自由度の高さ

注文住宅の最大のメリットですね。
施主本人が望んで手に入れた土地に、こだわりを実現してくれそうな建築業者を選び、(法律や規制による制限はあるものの)デザイン・仕様・間取りなど、こだわりを自由に反映させることができます。(建築前であっても建売住宅は、基本的に間取り等の変更はできません。)

2.建築途中の様子をチェックできる

一から造り上げる注文住宅は、建築途中の様子も確認することができるので、基礎・構造部分や壁・床・天井裏の下地など、完成時には目に見えない部分においても、ちゃんとした施工が行われているか確認することができます。
施主自身もチェックポイントの知識を身に付け、施工品質を自分の目で確認できることは、安心感につながります。

3.予算内での満足度

家のサイズも間取りも設備もデザインも自由に決めることができるので、予算に合わせて調整できる箇所が多々あります。よって、特にこだわりたい場所にはグレードを上げ、その他はグレードを下げる、など決められた予算内でオンリーワンの満足のいく家を建てることが可能であるメリットがあります。

注文住宅のデメリットは、

1.入居までの期間が長い

何度も打ち合わせをして、希望の土地の取得やプランニング、施主のこだわりの設備や仕様に仕上げていくには、どうしても時間がかかります。
希望の土地の取得に数年費やしたお客様の事例もあります。
会社によっては、打ち合わせ回数に上限があり、規定回数を上回る場合は有料になるところもあります。(さとう建設では、打ち合わせ回数に上限はありません。)

2.完成するまで仕上がりイメージがつきにくい

多くの建築業者では、図面をベースに間取りや外観などをプランしていきます。パースや模型を作成する業者ではない限り、図面から完成をイメージしなければなりませんが、図面を見慣れていない人はなかなかイメージがつきにくいと思われます。実際出来上がったら思ったより狭かった、などイメージとのミスマッチが起こる可能性があります。

3.(建売住宅に比べ)コストが高くなりがち

打ち合わせや工期が長いということは、その分コストにも反映されてしまいます。また、こだわりの箇所が増えれば増えるほど、コストに積みあがっていきます。メリットの「3.予算に合わせた家が建てられる」でも記述した通り、予算に合わせてこだわる個所と妥協する箇所のメリハリをつけることがポイントとなってきます。

「こだわり重視」の注文住宅、「コスト・スピード重視」の建売住宅

建売住宅のメリット・デメリットは、注文住宅のメリット・デメリットに対となります。

注文住宅建売住宅<建築済の場合>
こだわりへの自由度〇(自由度が高い)×(自由度が低い)
建築の様子をチェック〇(建築中チェックできる)×(建築済なのでチェックできない)
予算内での満足度〇(こだわりにメリハリ、唯一の家)×(万人向けの仕様、標準的な家)
入居までの期間×(決めることが多く時間が必要)〇(購入してすぐに入居可能)
完成イメージ×(図面、パース等で確認)〇(実物を見て確認)
コスト×(建売住宅に比べ割高)〇(注文住宅に比べ割安)

「じっくり時間とコストがかかっても自分の生活スタイルに合ったこだわりの家を建てたい」のであれば『注文住宅』を、「ある程度妥協が必要でもコストが安く、早く入居できる家が欲しい」のであれば『建売住宅』が適しているでしょう。

さとう建設のSコレクションの家は、『注文住宅』であり、『建売住宅』は扱っておりません。時間はかかっても、じっくりとお客様の声に耳を傾け、予算内で最大の満足が得らえるプランをご提案します。建築前にパースでイメージしていただけるようにします。

『注文住宅』には、「フルオーダー住宅」と「セミオーダー住宅」、があります。また別記事にて、ご紹介します。

関連記事

  1. 3階建て最上階のルーフバルコニーからの眺めは最高。気候のいい時期はここでの昼寝が気持ちいい。
  2. 地鎮祭の祭壇

最近の記事

  1. 3階建て最上階のルーフバルコニーからの眺めは最高。気候のいい時期はここでの昼寝が気持ちいい。
PAGE TOP